ホーム
御利益
その他
沖宮~「琉球八社」の中でも特にトロピカル!~
2017.5.12

沖宮~「琉球八社」の中でも特にトロピカル!~

おはようございます!

今日の福岡は雨ですが、沖縄はもう梅雨入り頃でしょうか。

 

今回は、前回の続きで「琉球八社」のうちの一社、「沖宮(おきのぐう)」をご紹介します!

 

1 

 

奥武山運動公園の敷地内にある沖宮。

 

さすが沖縄!

手水舎が南国風の草木に囲まれてトロピカルです。

 

2 

 

神社でよく見かける

「おみくじは木に結ばないでください」

の木が!

 

3 

 

ガジュマルですか???

楠の木とかじゃないんですね(汗)

 

4 

 

沖縄ならではの屋根と木のぬくもりを感じる本殿。

ちょうど中でお参りをしているご家族を見かけました。

 

果物などを沢山並べて、手をすり合わせてお参りしてあり、

やはり琉球ならではのお参りの仕方もあるんだな~と思った次第です。

(このご家族のお参りの仕方がスタンダードかは分かりませんが)

 

沖宮の創建は明らかではありませんが、初めに御神木が祀られてありました。

その根源となる奥武山天燈山に鎮まる神様を、神社ではお祀りされているとのことです。

 

主祭神は

天受久女龍宮王御神(てんじゅくめりゅうぐうおうおんかみ。)

またの名を天照大御神(あまてらすおおみかみ)

 

他にも数多くの神様がお祀りされています。 神様の名前は沖縄独特のお名前ですね。

 

ご神徳は、国家安穏、五穀豊穣、陸海交通安全ほか、

人々の暮らしもお守りしてくださります。

 

本殿に参拝した後は、境内の「八社巡り」へ!

これまたトロピカルな道を抜けて境内を進みます。

 

5 

 

6

神仏習合の名残がみられる「権現堂」や

 

9

滝が流れる池にある「弁財天宮」も

 

そして主祭神の天受久女龍宮王御神(天照大御神)が降り立ち、

鎮座されているという天燈山(奥宮のような場所)へ

 

12 

 

本殿脇から階段を上っていくのですが、

 

10

 

本殿の屋根を眼下に望むというのが新鮮ですね。

 

11 

 

てか、猫が屋根で寝てるし!!

 

そうしてたどりついた天燈山。

 

13 

 

梵語が刻まれた古石が鎮座する御嶽(うたき)がありました。

なんとも神秘的な雰囲気ですね。

 

最後は本殿まで下りてきて、ご朱印をいただきました。

 

14 

 

ご朱印をいただく広いテントみたいなスペースには、

お守りの他にもお土産品になりそうなアイテムも沢山ありました。

 

しかもお茶ができる神社カフェも!

 

15 

 

いや~沖宮、個人的にとっても好きです。

 

 

<沖宮>

那覇市奥武山町44

http://okinogu.or.jp/

 

 

この記事が良かったらシェアお願いします

関連記事

神社仏閣ライター 柴尾真理

寺社巡り歴10年以上の神社仏閣ライター。
有名・無名問わず、実際に行ってみて“気分が上がった”神社仏閣の情報を発信中。自らの著書ほか、情報誌への連載コラムの執筆や、テレビ・ラジオへの出演、神社仏閣でのイベント企画など、幅広く活動している。