ホーム
御利益
その他
末吉宮~異彩を放つ山頂の琉球八社~
2018.6.7

末吉宮~異彩を放つ山頂の琉球八社~

こんにちは!

今回からは沖縄県那覇市のご朱印さんぽです。

 

前回の沖縄の旅では、琉球王朝が認めた「琉球八社」のうちの数社を巡りましたが、

今回ご紹介する「末吉宮」もその一社です。

 

末吉宮は、ゆいレールの市立病院前駅近く、「末吉公園」内のさらに高台の方にある神社。

 

前情報によると、末吉公園がちょっとした低山歩きレベルの勾配があり、うっそうとした山道になっているそうで(汗)

 

体力に自信がない私は、女性一人の心細さもあって参拝するのをためらっておりました(汗)。

 

そこで教えていただいたのが、「大名口参道」の存在。

ゆいレールの儀保駅で降りて、公園の周りに沿ってぐるっと裏手の参道へ向かうルートです。

 

少し時間をかけて歩いていくと、住宅地の中に発見しました、大名入口参道!

 

1 

 

上り階段もわずかで楽ちんですね!

 

年季の入った木の鳥居が見えます。

 

2 

 

3 

 

鳥居をくぐってすぐに、洞窟へと下るような階段が!

 

 4

 

ちょっとひるみそうになりましたが、勇気を出して降りてみます。

 

するとすぐに石組みのトンネルがありました。

 

5

 

トンネルをくぐってまわり込んでみると、あっという間に末吉宮に到着です。

 

こ、これは!!!

 

6 

 

朱色のお社に続く古い石段が、なんともいえない神秘的な空気を醸し出しています!!!

 

7 

 

8

 

古代の神殿といった風情ですね~~~

 

そして眺めもいいんですよ!

 

9

 

だいぶん歩いたけど、その価値は十分ありました。

 

ちなみに末吉宮のご祭神は、

○伊弉冉尊 (いざなみのみこと)

○速玉男尊 (はやたまをのみこと)

○事解男尊 (ことさかをのみこと)

いわゆる熊野信仰の神様ですね。

 

そこに竈神(火神様~ヒノカンサー)といわれる沖縄の神様たちもお祀りされています。

 

末吉宮は、学問成就や技芸成就、縁結びや子孫繁栄の神としても信仰されているそうですよ。

 

末吉宮では祭事のある時以外は無人なのですが、ご朱印は波上宮でいただくことができます。

 

(波上宮の前記事です)

http://www.goshuin-blog.com/walk/shrine/post-437/

 

10 

 

「子ヌ方之神」と書かれているのは、「子方(にーぬふぁ)の神」のことで、

事始めの神としても信仰されているそうです。

興味深いですね~~。

 

末吉宮、結構歩くけどかなりおすすめです!

 

<末吉宮> 

沖縄県那覇市首里末吉町1-8

http://jinjacho.naminouegu.jp/sueyoshi.html

この記事が良かったらシェアお願いします

関連記事

神社仏閣ライター 柴尾真理

寺社巡り歴10年以上の神社仏閣ライター。
有名・無名問わず、実際に行ってみて“気分が上がった”神社仏閣の情報を発信中。自らの著書ほか、情報誌への連載コラムの執筆や、テレビ・ラジオへの出演、神社仏閣でのイベント企画など、幅広く活動している。