ホーム
さんぽ道
その他
【番外編】~森の賢者が出迎える自然崇拝の谷へ~
2019.8.23

【番外編】~森の賢者が出迎える自然崇拝の谷へ~

おはようございます!

今回は沖縄旅の番外編、「ガンガラーの谷」をレポートします。

※番外編でご朱印はありませんのでご了承ください!

 

ガンガラーの谷は、今回ご朱印巡りをした那覇市から車で約30分ほど、南城市にある人気の観光地です。

 

1 


2万年前の人類「港川人」の居住跡ともいわれていて、現在でも学術的な発掘調査が進められている場所でもあります。

 

今回私は、ガンガラーの谷でみられる自然崇拝の聖地を巡ろうと思い、訪れてみました。

 

ガンガラーの谷は、鍾乳洞が崩壊してできた谷だそうで、独特の地形をしています。

なんと施設の受付が、鍾乳洞の入口のような場所にあるんです!

 

1-2 


2

受付スペースの天井は鍾乳洞そのもの!

この空間はひんやりしています。

 

受付はカフェを併設していて、ドリンクやスイーツがいただけます。

 

写真は、沖縄のご当地コーヒーブランド「35(サンゴ)コーヒー」。

3


風化したサンゴで焙煎したコーヒー豆を使用していて、洞窟の地下水をブレンドした水で淹れているのです!

 

喉を潤したら、これから約1時間20分のガイドツアーへ!

ガンガラーの谷は、専属のガイドさんと一緒に団体ツアーで巡ります。

 

小川が流れる森の道を歩き

 

4 


大きな岩の間を潜り抜けます。

 

5 


岩場のくぼみには石積みのお墓もあります。

6


今でも縁者の方々が祈りを捧げに来られているそうです。

 

コースの途中で「母神」という立て看板がある場所にたどり着きました。

 

7母神1 


ここは「イナグ洞」という場所で、安産や良縁のご利益があると信じられている場所です。

 

中に入ることはできませんが、洞窟の中には女性のバストそっくりの岩があるそうですよ。

 

そして次は、実際に洞窟の中を歩くコースへ。

8-1


洞窟の中が暗いので、ランプを手渡されます。

 

この小川が流れる洞窟は「イキガ洞」です。

 

8-2 


10

奥まで進むと、男性のシンボルのような鍾乳洞の岩がありました。

 

ここには、子宝や子どもの成長を願う人々が多く訪れるそうです。

実際にご利益をいただいたという体験談もあるそうですよ~~

 

そして一番驚いたのは、ガンガラーの谷のシンボルともいえる巨大なガジュマルの木!!

 

11 


森の賢者ともいわれる長老の「大主(ウフシュ)ガジュマル」は今も生き続けているそうで、圧倒的な姿で私たちを出迎えます。

12


何か不思議な力が宿っているとしか思えません!

 

コースの最後は、見晴らしの良いツリーテラスへ。

13


眼下には森が広がり、遠くには海も望めますよ。

 

ガンガラーの谷は観光地化されているので、とても巡りやすいし、なにより楽しいです。

そんな中で、人々の自然崇拝の風習を垣間見られるのが興味深いですね。

沖縄の聖地巡りをしたい方にはおすすめです!

 

 

ガンガラーの谷> 

沖縄県南城市玉城字前川202

http://www.gangala.com/

 

この記事が良かったらシェアお願いします

関連記事

神社仏閣ライター 柴尾真理

寺社巡り歴10年以上の神社仏閣ライター。
有名・無名問わず、実際に行ってみて“気分が上がった”神社仏閣の情報を発信中。自らの著書ほか、情報誌への連載コラムの執筆や、テレビ・ラジオへの出演、神社仏閣でのイベント企画など、幅広く活動している。