ホーム
さんぽ道
お寺
近松寺~美しい歴代唐津藩主の菩提寺~
2017.4.21

近松寺~美しい歴代唐津藩主の菩提寺~

おはようございます!

遅咲きの桜は散りましたが、まだまだ肌寒い日もありますね。

 

今回は青い空にピッタリの街、唐津市のご朱印巡りをご紹介します。

 

訪れたのは、JR唐津駅から徒歩15分ほどにある「近松寺(きんしょうじ)」さん。

 

「唐津市内に寺町があるよ」

という知り合いからのアドバイスをもとに歩いていたところ、

 

1

 

「坊主町」という交差点を発見!!

 

ここ辺りに間違いないと確信して歩いていたら、「近松寺」さんに辿りつきました。

 

後でご住職に伺ったところ、「坊主町」の「坊主」は今でいう「お坊さん」とはちょっとニュアンスが違うらしく、

お城にお仕えする方たちが暮らした場所を指すのだそうです。

 

さて、こちらのお寺さんですが、立派な山門がお出迎えしてくれます。

 

2

 

1598年に、名護城中の門をこちらに移築されたそうです。

 

駐車場を抜けて本堂へ向かっていくと、美しく整えられた白砂の参道が現れます。

 

4

 

本堂を含めてなんとも素敵な風景です!!

 

この近松寺さんは、1302年創建と伝わる臨済宗のお寺。

御本尊は、釈迦牟尼佛です。

 

唐津藩の歴代藩主の菩提寺とされているほか、

浄瑠璃や歌舞伎作家として有名な、

近松門左衛門の遺髪塚があるお寺としても有名なのだとか。

 

境内には、唐津湾頭の風景を写して築造されたお庭「舞鶴園」や、

唐津6代藩主・小笠原公にちなんだ資料が展示されている「小笠原記念館」などがあり、

見どころが多いお寺さんなのですが・・・

 

私が注目したのはこれ!!

 

5 

 

お線香を建てる香炉が、唐津のお寺さんらしく「唐津焼」。

 

繊細な模様と色合い、獅子の装飾などなど、その美しさに注目してしまいました。

いつも小ネタの方に目がいきます(汗)。

 

そんなこんなで本堂に参拝して、境内を見回っていると、ご住職とお会いできました。

 

6 

 

大きな木魚の原型・魚版(魚鼓)がある寺務所にて、幸運にもお話を聴かせていただきながら、ご朱印をいただきましたよ~

 

7 

 

帰り道では、「松浦山聖観音(目洗観音)」という好奇心をくすぐられる観音堂がありました。

 

8 

 

よくよく見ると、唐へ渡る航海の安全祈願、領内鎮護の聖仏として、唐津藩主が代々信仰されてきたのだとか。

 

「目洗観音」という名前ではあるけど、眼病にご利益がある、というわけではないのですね。

でも、親しみやすく美しい仏様でしたよ~

 

<近松寺>

唐津市西寺町511

http://www.karatsu-kankou.jp/history_and_culture/detail/187/HistoryAndCulture

 

この記事が良かったらシェアお願いします

関連記事

神社仏閣ライター 柴尾真理

寺社巡り歴10年以上の神社仏閣ライター。
有名・無名問わず、実際に行ってみて“気分が上がった”神社仏閣の情報を発信中。自らの著書ほか、情報誌への連載コラムの執筆や、テレビ・ラジオへの出演、神社仏閣でのイベント企画など、幅広く活動している。