ホーム
さんぽ道
お寺
大興寺~本堂前に集う自由な人たち~
2019.1.6

大興寺~本堂前に集う自由な人たち~

明けましておめでとうございます!
2019年の幕開けは、佐賀県佐賀市のご朱印巡りからスタートです。

 

今回訪れたのは、JR佐賀駅から徒歩10分ほどの「大興寺」さん。

住宅地の中に見つけた白壁のお寺さんです。

 

1 

 

赤い枠の円窓、個性的な形の石の門、なんだかとっても気になります。

 

ちなみにこの円窓は、円を通すことで願いを叶えることに通じる

縁起の良い窓だといわれています。

 

そして石の門は、正式には鳥居式石門といい、

北部九州でみられるのはこのお寺を含めて3ヵ所だけという貴重なものです。

 

参道では沢山の石像がお出迎え。

 

2 

 

さらには、大きな楠もお出迎え。

 

 

3

 

ダイナミックですね~~

樹齢は300年を超えるそうですよ。

 

そして奥にある本堂。

これがすごい!!

 

4

 

ここは日本?と目を疑うような光景が広がっているではありませんか。

まるで中国映画の撮影セットのようです。


5 

 

そして、あなた方は誰?

 

6

 

いやいや、あなた方は誰ですか(笑)

 

ていうか、石像の皆さんのポーズが自由過ぎます!!

 

この自由な人たちは、羅漢さんです。

 

通常、羅漢さんといえば座っている姿が一般的ですが、

このお寺の羅漢さんは立ち姿ということで、とても珍しいんですよ!!

 

そして、羅漢さんに囲まれて大笑いしているのは布袋尊。

中国では救済の神様として崇められているのだとか。

 

とにかく、本堂にたどり着くまででも、かなりの見どころがあるのです。

 

大興寺さんは、江戸中期に創建された、300年以上の歴史を持つ寺院。

 

宗派は、中国の禅風の生活様式や文化を伝えてきた、

隠元禅師の教えを継承する黄檗宗(禅宗)になります。

だから、随所に中国式の建築美を見ることができるんですね。

 

本堂の入口には、鮮やかな朱色に彩られた桃が彫られています。

 

7 

 

中国では、桃は不老長寿の縁起物として伝わっていますからね。

ご利益がいただきたくて、思わず触りたくなってしまいます。

 

大興寺さんは、法事があっている時以外はいつでも本堂の中に入ってお参りができますよ。

 

8 

 

華やかな装飾の本堂では、釈迦如来をお祀りしています。

 

そして、頭の上には立派な龍の彫り物が!!

 

9 

 

繊細なデザインですね~~

天井から神々しいパワーが降り注いできそうです。

 

お寺では、一般の方も参加できる「坐禅会」が不定期で開催されています。

 

10 

 

本場・禅宗のお寺で坐禅なんて、貴重な体験になりそうです。

詳しくはホームページを見てみてください。

 

さらに驚いたのが、これ!!

 

11 

 

ローズガーデン in お寺

中国風な空間の中に、イングリッシュな空間も共存しています。

(写真ではまだグリーンですが、時期になるとバラが咲きます)

 

実はこちら境内にある霊園でして、故人が美しいバラに囲まれて眠ることができるんです。

なんとも素敵な発想!!

霊園の利用者でなくても、バラを見物できるというのも嬉しいですね。

 

そして最後は、お目当てのご朱印をいただきます。

 

12 

 

中央の朱印の模様が印象的ですね。

 

ちなみにご朱印ですが、通常はご住職が不在のことが多く、書き置きのご朱印もないとのこと。

どうしてもご朱印をいただきたい場合は、事前に問い合わせるのがおすすめです。

 

それと大興寺さんは、佐賀県観光連盟が推進している観光キャンペーン「いだく県」にも参加されているので、

いだく県オリジナルご朱印も存在します!

 

13 

 

いだく県専用のご朱印については、佐賀県観光連盟のHPを参考にしてみてくださいね♪

https://www.asobo-saga.jp/idaku/

 

 

<大興寺> 

佐賀県佐賀市神野東3-10-3

http://daikouji-saga.jp/

 

この記事が良かったらシェアお願いします

関連記事

神社仏閣ライター 柴尾真理

寺社巡り歴10年以上の神社仏閣ライター。
有名・無名問わず、実際に行ってみて“気分が上がった”神社仏閣の情報を発信中。自らの著書ほか、情報誌への連載コラムの執筆や、テレビ・ラジオへの出演、神社仏閣でのイベント企画など、幅広く活動している。