ホーム
御利益
その他
火男火賣神社~珍しい名前の火のお宮~
2019.7.8

火男火賣神社~珍しい名前の火のお宮~

こんばんは!

今日は前回と同じく、大分県別府市のご朱印をレポートします。

 

今回訪れたのは、「火男火賣(ほのおほのめ)神社」です。

この漢字はなかなか読めないですよね~~

 

ここは、地元のタクシーの運転手さんが連れて行ってくださいました。

「住宅地にあって知る人ぞ知る神社だけど、とっても素晴らしいんですよ!」

というレコメンド・コメントでした。


確かに住宅地の中に、いきなりど~んと大きな鳥居が出現します。

 

 1


そして鳥居をくぐって緑に囲まれた参道を進むと、今度は立派な社殿が!!

 

2 


エメラルドグリーンの屋根にパープルの布地が美しいですね。

 

火男火賣神社は849年に朝廷より従五位下を授けられたことが起源といわれています。

別府市唯一の延喜式内社で、とても由緒ある神社なのです。

 

別府市鶴見地区の鎮守の神「鶴見権現」として、厚く信仰されてきたこの神社では

伊邪那岐尊(イザナギノミコト)と伊邪那美尊(イザナミノミコト)の夫婦神と、

その子にあたる火の神・火之迦具土(ホノカグツチノカミ)をお祀りしています。

やはり火の神様がいらっしゃるんですね!

 

他にも、「天神宮」や「金毘羅社」もありました。

 

3 


4

さらには、能楽堂のような建物や鯉が泳ぐ池もあります。

5


6

広い境内は明るくて、気持ちがスーッと晴れるような空間です。

 

社務所に神職さんがおられたので、ご朱印をいただきました。

 

7 


ありがとうございます!

 

そして火男火賣神社の参拝が終ると、タクシーの運転手さんが「次は中宮に行きましょう」と案内してくださいました。

 

「中宮」ってことは、この神社は「下宮」!?

 

実は、火男火賣神社の上宮は鶴見岳の山頂にあり、中宮はその中腹にあるのだとか!!

 

下宮を後にして、しばらく山道の上りカーブの道路を車で走りました。

 

そして到着したのは、道路以外周りに何もないような山の中腹。
でも確かに、神社名が書かれた鳥居がありました!!

 

8 


しかし石段は古くなっていて、本当にこの先に中宮はあるのか!?と不安に。

途中まで歩いて上ってみましたが、先に何も見えないので、あっけなく退散。

 

実はこの古い石段の参道ではなく、少し先のところから車で上がれるくらいの参道があり、
そこに大きな鳥居がかかっています。

その道からだと中宮にたどり着けたかもしれません。

 

結論をいうと、時間の関係で中宮には行けず、上宮を目指すことにしました。

すいません(汗)。

 

次回は、鶴見岳の山頂にあるという火男火賣神社の上宮をレポートします!!

 

 

火男火賣(ほのおほのめ)神社> 

大分県別府市火売8-1

https://www.facebook.com/jinja.beppuonsen/

 

この記事が良かったらシェアお願いします

関連記事