ホーム
さんぽ道
お寺
興福寺~長崎を代表する華やかな唐寺~
2017.1.13

興福寺~長崎を代表する華やかな唐寺~

こんばんは!
2017年も本格始動ですね。

 

ここからは場所を変えて、

長崎県・長崎市の寺町を舞台に、ご朱印巡りをスタートします♪

 

長崎といえば教会のイメージが強いという方も多いと思いますが、

実は立派なお寺さんも沢山あります。

 

中島川に架かる古い石橋を渡ると、

個性豊かなお寺さんがズラリと並ぶ寺町の通りにぶつかります。

風情があって、長崎の中でも大好きな場所です。

 

そんななかでも目を引くお寺さんがこちら、「興福寺」さん。

 1

 

ド~ンとそびえる朱色の山門は、

中国文化の色濃い独特な雰囲気!

2 

 

黄檗宗の開祖・隠元禅師ゆかりの寺ということで、

鮮やかな肖像画が掲げられています。

 

お寺の入口に人物画って、なかなかないですよね~~

隠元禅師は、かの「いんげん豆」を中国から持ち込まれた方としても有名です。

 

山門をくぐると受付で拝観料(300円)を支払います。

 

その窓口に大きな花火が!?と思ったら、

中国式のお線香なのだそうです!

3

 

儚さよりも豪快さ、これが文化の違いということですね。

 

さらに歩みを進めると、

これまた美しい大雄宝殿(本堂)が現れます!

4 

 

この本堂は、原爆の衝撃で全体が傾いたものを、

そのまま起こして復興したのだとか。

5 

 

6

 

そしてこれも珍しい模様!

氷裂式組子の丸窓が美しいですね~~

 

本堂の中は天井が高くて、ひんやりとした石造りの床。

 

お釈迦様や観音様がお祀りされていて、

ライトアップされて浮かび上がるお姿がとても幻想的です(中は撮影禁止)。

 

本堂の横には、船の神様や運喜の神様、

そして中国の女神様である媽祖(まそ)様や、

関帝様がお祀りされた「媽祖堂」もあります。

 

神様を守る、赤鬼と青鬼(千里眼と順風耳)の像がインパクトありますね。

(こちらも中は撮影禁止なので、是非リアルでご確認くださいませ)

 

それぞれに参拝が済んだら、

木魚の原型となった「鱖魚(けつぎょ)」が出迎える方丈の間でお茶にします。

7 

 

こちらのお寺さん、境内の建物の中で

お抹茶と季節の和菓子をいただけるんですよ~~。

8 

 

縁側に座ってホッとひと息。

 

9

 

お菓子は週替わりだそうで、

伺った時は年末仕様の温かいお菓子でした。

(以前、秋に伺った時は松茸の形をしたお菓子でしたよ♪)

 

興福寺さんは、見どころが多くてお茶までできるので、

ついつい長居したくなります。

 

ご朱印もきちんといただきましたよ。

10 

 

また、季節毎の行事や各種イベントもあるので、

いつ訪れても新鮮な魅力があります。

 

ちなみにこれからは、

1/22(日)にコンサート

2/3(金)に「節分会」で豆まきがあるなど、

お楽しみもいっぱい!

詳しくはHPでチェックしてみてくださいね♪

 

《おまけ》

境内にあるソテツの木の下には、ハート型の実が落ちていて、

恋愛成就のお守りにもなるそうですよ♡

11

 

12

 

<興福寺>

長崎市寺町4-32

http://kofukuji.com/

この記事が良かったらシェアお願いします

関連記事

神社仏閣ライター 柴尾真理

寺社巡り歴10年以上の神社仏閣ライター。
有名・無名問わず、実際に行ってみて“気分が上がった”神社仏閣の情報を発信中。自らの著書ほか、情報誌への連載コラムの執筆や、テレビ・ラジオへの出演、神社仏閣でのイベント企画など、幅広く活動している。