ホーム
御利益
安産・子授け・子育て
鵜戸神宮~太平洋に面した絶景の聖地~
2019.3.28

鵜戸神宮~太平洋に面した絶景の聖地~

こんばんは!

今回は、宮崎県日南市シリーズの締めを飾るご朱印レポートを綴ります♪

 

神々の国・宮崎には数多くのパワースポットが存在しますが、

今回参拝させていただいた「鵜戸神宮」も、間違いなくパワースポットだといえる場所です。

 

日南海岸沿いをドライブしていくと、山手に鵜戸神宮の駐車場があります。

 

1 

 

昔はここからひと山越えて参拝していたそうですが、

トンネルができたおかげで、徒歩15分ほどで神宮へ到着します(アップダウンはあります)。

 

景色が開けて太平洋の海が見えてきたら、朱色の華やかな楼門がお出迎え。

 

2

 

青い空と海に映えますね~~

 

その手前にある神犬石もお見逃しなく!

 

3

 

確かに犬の横顔に見えますね。

 

しばらくは潮風を浴びながら参道を歩いていきます。

なんて爽やかなルートなのでしょう。

 

参道の山肌の部分は、コンクリートで固められています。

 

 4

 

土砂除けかな?と思ったら・・・なんとこれコンクリートではなく、天然の岩!!

 

自然が創り出した芸術でした(驚)。

 

そうこうしているうちに、本殿手前まで辿り着きました。

 

6

 

本殿を見下ろす感じで石段を下りて行きます。

海の下へ潜っていくような気持ちです。

 

そしてこちらが本殿。

洞窟の中にあるんですよ!!

 

7

 

さっきまでの爽やかな潮風はなくなり、あたりは水気を含んだ重厚な空気と潮の香りに包まれています。

 

鵜戸神宮は、第十代・崇神(すじん)天皇の御代に創建されたといわれる、歴史の古い神社です。

 

主祭神は、山幸彦と豊玉姫命の御子・日子波瀲武鵜葺草葺不合命(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)をお祀りし、

安産・育児・縁結びの神様としてご利益があるといわれています。

 

鵜戸神宮で特に有名なのが、この本殿の裏にある「御乳岩」です。

 

8 

 

ご祭神の母君である豊玉姫命が、乳房を貼り付けたのがこの岩といわれていて、

今も清水がポタリポタリと流れ落ちています。

 

この岩の近くには、お水をいただくことができる場所もあるんですよ。

 

さらには、この水を使ってつくられる「おちちあめ」をいただくと、お乳の出がよくなるといわれています。

 

8-1 

 

そしてこの神聖な洞窟の中で見つけたのが、「撫でうさぎ」。

 

9 

 

このうさぎを撫でると、病気平癒・開運飛翔のご利益をいただけるのだとか。

 

鵜戸神宮はうさぎとの縁が深く、絵馬もうさぎ型になっています。

 

9-2 

 

手描きのイラストも可愛いですね~~

 

聖なる洞窟を出た後は、神宮名物「運玉投げ」に挑戦しましょう♪

 

10 

 

運と彫られた素焼きの玉は5個セット。

 

写真左手にある亀石と呼ばれる岩の、しめ縄の中のくぼみに投げ入れます。

見事入ったら、願いが叶うのだとか。

 

11 

 

私は見事に全部外れ(涙)

入るまでやってしまいそうなので、気持ちを抑えてその場を去りました。

 

参拝後はご朱印をいただきます。

 

13 

 

ご朱印は、本殿または楼門に近いところにある社務所でお願いしましょう。

 

海の力で浄化されて、母の愛に癒されて、幸せな気持ちになれる神社です。

是非とも参拝してみてください♪

 

 

<鵜戸神宮> 

宮崎県日南市大字宮浦3232

http://www.udojingu.com/

 

この記事が良かったらシェアお願いします

関連記事

神社仏閣ライター 柴尾真理

寺社巡り歴10年以上の神社仏閣ライター。
有名・無名問わず、実際に行ってみて“気分が上がった”神社仏閣の情報を発信中。自らの著書ほか、情報誌への連載コラムの執筆や、テレビ・ラジオへの出演、神社仏閣でのイベント企画など、幅広く活動している。