ホーム
御利益
その他
米ノ津天満宮~篤姫の旅立ちを見送った神社~
2018.9.13

米ノ津天満宮~篤姫の旅立ちを見送った神社~

こんばんは!

今回は前回に引き続き、鹿児島県出水市のご朱印めぐりをレポートします♪

 

不知火海に近い場所にある「米ノ津天満宮」さん。

住宅地の中にあるのですが、神社がある場所だけがフワッと浮き上がって見えるような、“良い気”に満ちあふれています。

 

サイクリングで巡っている私は、大きなイチョウの木の下に駐車させてもらいました。

 

0

 

秋の頃に紅葉した木も見てみたいです。

 

最初に目を引くのが、この真っ赤な鳥居。

 

1 

 

青空に映えて美しいですね~~

 

そのまま真っ直ぐ進むと社殿があります。

 

2 

 

さすが鹿児島!

境内にあるソテツの木が南国の雰囲気を醸し出していますね。

 

鳥居同様に真っ赤な社殿に、グリーンの階段。

すごく華やかです!

 

3 

 

さらに寄ってみると、豪華な装飾に圧倒されます。

 

4 

 

4-2

 

拝殿後ろにある本殿にも、繊細な彫刻が施されていますね。

 

拝殿は中に入って参拝ができるようになっています。

 

5 

 

6 

 

きちんと丁寧に神様をお祀りされてあって、気持ちがよい空間です。

 

外に出ると、インパクト大の狛犬、ならぬ狛牛がいました!

 

7

 

真っ赤な「阿」の牛。

 

8 

 

真っ黒な「吽」の牛。

金色の目が力あり過ぎます!!

 

そしてこちらは全身が金色の「撫で牛」。

 

10 

 

撫で牛の体を撫でると、全ての願いが叶うのだとか。

 

「天満宮」という名前の通り、こちらでは学問の神・菅原道真公をお祀りしています。

不浄を祓ってくださる神様としても信仰を集めているそうです。

 

島津家の養女・篤姫が、徳川家に輿入れする際にこの天満宮に参拝したというエピソードでも知られています。

 

天満宮に参拝して、この米ノ津港から船に乗って江戸に向かった篤姫。

どんな気持ちだったんでしょうね。

 

そんな歴史にもゆかりが深い米ノ津天満宮ですが、ご朱印は前回ご紹介した加紫久利(かしくり)神社さんでいただきます。

 

 こちらのご朱印も、加紫久利神社さんと同じく、神社の紹介と一緒になったタイプです。

 

11

 

是非、2社とも参拝してみてくださいね。

 

 

<米ノ津天満宮> 

鹿児島県出水市米ノ津町1900

 

この記事が良かったらシェアお願いします

関連記事

神社仏閣ライター 柴尾真理

寺社巡り歴10年以上の神社仏閣ライター。
有名・無名問わず、実際に行ってみて“気分が上がった”神社仏閣の情報を発信中。自らの著書ほか、情報誌への連載コラムの執筆や、テレビ・ラジオへの出演、神社仏閣でのイベント企画など、幅広く活動している。