ホーム
御利益
その他
住吉神社~日本最初の住吉神社が博多に!~
2017.10.15

住吉神社~日本最初の住吉神社が博多に!~

こんにちは!

すっかり秋めいてきました。

秋は神社仏閣のお祭りが目白押しなので、参拝の楽しみが増えますね♪

 

さて今回は博多のご朱印さんぽ道のつづきをば。

JR博多駅にも近い「住吉神社」さんをご紹介します。

 

オフィス街の中にあるにもかかわらず、鎮守の杜が素晴らしい住吉神社。

 

1

 

大きな鳥居をくぐると真っ直ぐ朱色の楼門まで参道が続いています。

 

楼門手前にいらっしゃる狛犬も苔むしていて風情がありますね。

 

2 

 

楼門をくぐると、パーッと視界が開けます。

 

3 

 

楼門と同じく朱色の社殿がとっても華やかで美しいです!

 

こちらの神社は、創建がおよそ1800年前。

「住吉さん」といえば大阪の住吉大社も有名ですが、この博多の住吉神社こそ、

全国に2000以上あるという住吉神社の中でも最も歴史が古い神社といわれています。

 

4 

 

御祭神は、

底筒男神(そこつつのおのかみ)

・中筒男神(なかつつのおのかみ)

・表筒男神(うわつつのおのかみ)

海の神、航海・海上の守護神、心身清浄の神として厚く信仰されています。

 

オフィス街に海の神?

と思ってしまいますが、実はその昔、神社のすぐそばまで海だったそうです。

そんな歴史もあり、海の神様でもあることから、拝殿には「お潮井」の砂が置かれています。

 

5

 

これで自分自身や環境を清めるんですね~

 

そして境内には気になるものも沢山あります。

社殿と同じ朱色をしたおみくじの建物。

 

6 

 

大中小に並んでいるのが面白いですね!

 

 

黒いボディにゴールデンEYE

結構怖い「古代力士像」。

 

7 

 

「相撲」とゆかりの深い住吉神社ならではですが、

力士像の手のひらのシワが「力」に見えることから、手に触れるとパワーをもらえるそうです。

 

境内社「志賀神社」の前にある「福分小判」。

 

8 

 

小判に描かれている「昇龍」は金運上昇、「昇鯉」は恋愛成就にご利益があるのだとか。

そっと触れて願ってみてくださいね。

 

少彦名命(すくなひこなのみこと)をお祀りした「少彦名神社」。

 

9 

 

お酒と薬業の神様ということで、お酒の樽が奉納されています。

 

さらに道路を挟んで、池に囲まれた小島のような場所には「天津神社」が。

 

10 

 

縁結びと開運除災の神様にもしっかりお参りしましょう。

 

オフィス街にあっても境内がとっても広い住吉神社は、いろんな神様にゆっくりお参りすることができますよ。

 

ご朱印もしっかりいただきました。

 

11 

 

ありがとうございました。

 

 

<住吉神社> 

福岡県福岡市博多区住吉3-1-51

http://chikuzen-sumiyoshi.or.jp/

 

この記事が良かったらシェアお願いします

関連記事

神社仏閣ライター 柴尾真理

寺社巡り歴10年以上の神社仏閣ライター。
有名・無名問わず、実際に行ってみて“気分が上がった”神社仏閣の情報を発信中。自らの著書ほか、情報誌への連載コラムの執筆や、テレビ・ラジオへの出演、神社仏閣でのイベント企画など、幅広く活動している。