ホーム
御利益
健康・長寿
八所宮~鎮守の杜が天然記念物!~
2018.11.24

八所宮~鎮守の杜が天然記念物!~

おはようございます!

今回から、福岡県宗像市のご朱印レポートをシリーズで綴っていきます♪

 

JR教育大駅前から山里のある吉富エリアへ向かっていくと、「八所宮」という神社があります。

 

こんもりとした杜の手前に石の鳥居が。

 

1 

 

一見すると、小さな無人の神社なのかな~と思いますが、一歩足を踏み入れるとガラリと様子が変わります!

 

3 

 

杜の中は奥行が深くて、木々に囲まれた参道はご神気に満ちあふれていています。

空気が凛としていて、体感温度がグッと下がる感じです。

 

この鎮守の杜は古代から手つかずの原生林で、イチイ樫などの植物が生息しています。

なんと杜全体が、福岡県の天然記念物に指定されているんですよ!

 

参道をのぼりきると社殿が見えます。

 

4 

 

急にパッと視界が開けるので、思わず「わぁ~」と声が出ます。

青空と鎮守の杜を背景に建つ社殿が美しいですね~~

 

八所宮は、674年に神武天皇のご神託で現在地に創建されたと伝わる、歴史が古い神社です。

 

5 

 

そして社名の通り8柱の神様をお祀りしています。

イザナギノミコト、イザナミノミコトという国生みの神様を含め、4柱の夫婦の神様をお祀りしているので、

夫婦円満、縁結びにご利益があるといわれているんですよ。

 

社殿の前には「お潮井」が。

 

6 

 

神社のあるエリアを流れる釣川の水で清められ、さらに玄界灘の荒波に清められた砂だそう。

 

外出の際に自らに砂をかけると厄難除けになったり、田畑にまいて豊作・虫除けを祈ったりするそうです。

このお潮井は、古代から続く儀式に基づいているそうですよ。

 

さらに境内を巡ってみると、いろんな気になるものがありました。

 

囚われの狛犬!?

 

7 

 

この木製の狛犬は価値あるものなんでしょうね。

 

松の根がお祀りされていたり。

 

8 

 

社宝である「平和の鐘」なるものも。

 

9 

 

これは600年ほど前に氏子さんが青銅製の鐘を奉納したところ、

かの豊臣秀吉が持ち去って、厳島神社(広島市)に奉納したそうです。

そして昭和59年に戻ってきたのだとか。

 

おや?これは?

 

10 

 

なんと子どもの背丈くらいある知恵の輪でした!!

根気強くトライしてみましたが、外すことはできず(汗)。

 

そしてここにも注目! 

参道の途中にある「現人神社」です。

 

11 

 

12

 

こちらは万病治癒の神様として、厚い信仰を集めています。

 

まず、体の痛いところや辛いところ(例:腰、お腹など)を、年齢の数だけ紙に書きます。

それを社殿に納め、手前にある石を持ち帰って患部をさするのだそう。

体が楽になったら、お礼参りもお忘れなく!

 

最後にご朱印をいただきました。

 

13 

 

天然記念物の杜と歴史の深さに心洗われる神社。

とっても空気が澄んでいて気持ちが良いので、是非参拝してみてくださいね!

 

<鎮国寺> 

福岡県宗像市吉留3186

http://www.muna-tabi.jp/k006/010/020/020/100/20150204150132.html

 

 

この記事が良かったらシェアお願いします

関連記事

神社仏閣ライター 柴尾真理

寺社巡り歴10年以上の神社仏閣ライター。
有名・無名問わず、実際に行ってみて“気分が上がった”神社仏閣の情報を発信中。自らの著書ほか、情報誌への連載コラムの執筆や、テレビ・ラジオへの出演、神社仏閣でのイベント企画など、幅広く活動している。